2005年08月05日

書評6 鈴木敏文の「統計心理学」 勝見 明 (著)

ベンチャー社長の読書ウェブログ211冊目。



自分の仕事で統計って取られますか?

私は、データ化するのが好きなので時々取ります。

そうすると自分の感覚と統計のずれってのが意外なところであったりするんです。

最近統計を取ったのは、メロンパンの売れ行き。
(もし、昔に書いていたらすいません。)

そのメロンパンはショッピングモールの中のパン屋の店頭で売られていました。

日曜日の夕方6時。

人はかなり歩いています。

パン屋の店頭で“焼きたてメロンパン!”って人が呼び込みながら売っていました。

ちょっと甘い美味しそうな匂いがしている中、呼び込みの声、焼きたてのメロンパンの山。

これは、結構売れるだろう。多分50人に1人ぐらいは購入するんとちゃうかなと
思っていました。

そこで、30分間。こそっと張り込みながら、購入する人の数と通行人の数を数えたんです。

すると、確率から行くと

108人分(?確かこれぐらいだったと・・・ちょっと記憶が定かじゃなくなってきた。)
の1人だったんです。

こんなに、匂い、視覚、聴覚で訴えているメロンパンでも、これぐらいの確率しか売れないんだと驚いた事があります。


そんな統計を取るようになったのも、この本に出てくる鈴木氏の“仮説と検証”の考え方です。

いろんな角度から物事を考える訓練。
やってみませんか? かなり楽しいですよ。

人気blogランキング。書評を気に入って頂けたら、1クリックして頂けたら幸いです。どうかよろしくお願いします。
img9099.gif


アマゾン書評 ☆☆☆☆

posted by リブロス at 08:50| Comment(0) | TrackBack(3) | 心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月25日

書評8 思考は現実化する IUV ナポレオン・ヒル著

ベンチャー社長の読書ウェブログ186,187、188冊目。


潜在意識。目に見えない世界ですが、信じますか?

こんな言い方をすると心霊世界みたい(笑)になってしまいますね。

私は、この本を初めに知ってから読むまで3年ぐらいかかりました。
その理由は、潜在意識って怪しい能力開発の一種にしか過ぎないだろうな〜と思っていたからなんです。

昔、眠りながら記憶する(?!)みたいなCDがあったのは覚えていますか?

私は、それを信じてよく聞いていたんですが、それで成果が全然出なくて、自信を失くしていた事がありました。

最近になって、それは嘘だったと聞き、それ以来ずっと、潜在意識、潜在能力って
言葉を聞くとちょっと半信半疑の気持ちが強かったんです。


でも、何度もナポレオン・ヒルの名前を見ているので、

“前は騙されたけど、この本も一度読んでから嘘っぽいのかどうか自分で判断しよう”

と思い、読んでみました。

読んでみると自分の信条の一つが書いてあったんです。


私の信念の一つに

“自分の中で、夢見れる(想像できる)物は、実現出来る。
 それすら出来ない物は、一生出来ない。”

と思っているんです。

これは、いろいろな本を読んでいて、感じるのですが、まず想像ありきなんですよね。

フライト兄弟も、自分達の夢の中で、“空を飛ぶ事”を想像出来たから、空が飛べた。

つまり、皆、人間が空を飛ぶって事が想像出来なかったんですよね。


例えば、もっと解りやすい例で書くと、

“俺はあの可愛い子を彼女にしたい!”

と夢見れば、その可愛い子を彼女にするための行動をしたくなります。
例えば、声をかけるとか、知り合いに紹介してもらうなど。

しかし、

“あの子は、めちゃめちゃ可愛いな〜”

と夢見ているだけであれば、その可愛い子を彼女にしたいと想像してないので、見ているだけで
十分なんですよね。

つまり、自分が描けた夢までが実現可能なのであって、それ以上は不可能なんですよね。

だってそれ以上のシナリオがないんだもん。(笑)

夢 → 小さな行動 → 小さな行動 → 夢実現

みたいなプロセスがあるのではないかと思っています。

人気blogランキング。書評を気に入って頂けたら、1クリックして頂けたら幸いです。どうかよろしくお願いします。
img9099.gif



自分の想像の中で、何処まで想像出来るか、それが自分の限界ではないかなと思います。

まだ、この本を読んだ事がない人がおられましたら、一度読んでみてください。

そして自分の想像の限界に挑戦してみてください(^^

アマゾン書評 −−−−



posted by リブロス at 08:02| Comment(2) | TrackBack(1) | 心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月04日

書評6 EQ こころの鍛え方 高山直著

ベンチャー社長の読書ウェブログ130冊目。


IQとEQ。もうこのEQって言葉も有名になったので、皆さんご存知だと思います。

社会の中で、上手く人と付き合う為の術。これが、実社会の中では必要となって
きます。

学歴が高い人ほど、仕事が出来ると思われていましたが、仕事は人との折衝です。
それゆえ、学歴が高い人程、処理能力は高いですが、人との折衝術が高いとは限りません。

私もサラリーマン時代いろいろな人と出会いました。

その中で、やはり学歴と折衝能力の違いってあるだろうなと感じました。

折衝能力の高い人って、理論的に商談を進めないんですよね。どちらかと言うと
感情に訴えるのが上手かったり、自分と言う人間をアピールしながら商談させるんですよね。

理路整然としている事も勿論重要ですが、それ以上にもっと商売する相手は、人間であると
認識した上での折衝の方が営業成績はいいのではないかと思います。

自分の感情のコントロール、相手の感情の読み取りが私は苦手なんで、この本はとても
役に立っています。

アマゾン書評 ☆☆☆☆

人気blogランキング。書評を気に入って頂けたら、1クリックして頂けたら幸いです。どうかよろしくお願いします。
img9099.gif





posted by リブロス at 09:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月30日

書評8 絶対相手にNOと言わせない心理交渉術 内藤誼人著

ベンチャー社長の書評118冊目。


交渉人 真下正義。見ました?見に行きたいんですが、最近、忙しくて映画に行く時間が全然ないんで、ビデオが出てから見るしかないなと思っております。

交渉っていろいろなポイントがあるのを知っています?

根本は、全て心理学の応用になってくるみたいです。

それゆえ、悪徳〜とか○○商法と言われたりする商売の人程、心理学をよく勉強しています。

人って知らず知らずの内にこの心理学の範囲に収まってしまっているんですよね。

余談ですが、女の子を口説くのも心理学だと思います。(笑 まだ結婚をしていない人だけ、心理学を勉強して、ここをクリックしてみてください。)


アマゾン書評 −

人気blogランキング。書評を気に入って頂けたら、1クリックして頂けたら幸いです。どうかよろしくお願いします。
img9099.gif


posted by リブロス at 09:58| Comment(4) | TrackBack(1) | 心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。