2005年08月06日

書評4 営業力 田坂広志著

ベンチャー社長の読書ウェブログ214冊目。


私は、サラリーマン時代営業がまあまあ得意でした。でも、自分では愛想がいい方ではないので、初めは営業が出来るかな〜と不安に思っていました。(笑)

愛想がいい人、会話が上手い人、仕事の処理能力が高い人。

いろいろな人がいますよね。

人それぞれ自分の特徴を生かした営業のやり方をマスターしていきます。

マスターしていっても、伸びる営業マンと伸びない営業マンが出てくるんですよね。



“この違いって何だろう?何処が違うんだろうか?”


ってサラリーマン時代考えていた事があります。



商売の基本として、人間対人間で行われますから、信頼・笑顔・挨拶等の基本を抑えた上で
伸びる営業マンと伸びない営業マンの違いは、私の意見なんですが、自分で未来図を作れるか
作れないかだと思うんです。


もしかしたら、たまたま私の知っている人達だけが、そうだったのかもしれませんが、
以外と自分で未来を作れる人って少なかったんです。

ある人は、とても忙しいので現状を処理する事でいっぱい。

また、ある人は、その日、その日が無事に終わればいいと。

また、ある人は改善は得意なんですが、マイナスを消す事は出来てもプラスを考え出す事は拒否されていました。(それによって失敗した場合、自分のマイナス点がつくのを嫌がっていたからだと思います。)

また、ある人は自分では絵が描けないから、絵を描いて欲しいと上司に指示を仰ぐ人。


ここってとても必要だと思うんですよね。

自分の絵がヘタクソで、全然成功しないかもしれない。

でも、自分の営業スタイルの中で、来期はこう言う事がしたい。それには、これが必要だと考えて絵が描けないと動けないんですよね。

昨日の鈴木氏ではありませんが、私は、

絵を描く→実行する→結果を検証する→改善する→絵を修正もしくは、書き直し→実行・・・

のサイクルが出来る人ってほっといても成績もお客もついてくるような気がします。

それが小手先のテクニックの営業力ではなく、本当の営業力ではないかと思います。

人気blogランキング。書評を気に入って頂けたら、1クリックして頂けたら幸いです。どうかよろしくお願いします。
img9099.gif


アマゾン書評 ☆☆☆☆

posted by リブロス at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 営業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月05日

書評3 最大効果の仕事術 ジェニファー・ホワイト著

ベンチャー社長の読書ウェブログ132冊目。

自分の能力を一番発揮出来る時ってどんな時ですか?

私は、もともとお調子者なので、成功しだすと誰も止められないぐらいのツキを発揮するラッキーマンタイプなんです。その反面、失敗したり、ネガティブになるになるとそれはそれはひどいブルーになり、心理的にも“あ〜。もうあかんかも・・・”みたいな弱気君に返信します。(笑)

それゆえ、私は、成功している時はほったらかしにしていても大丈夫なので、気にしないのですが、失敗し始めると運気がネガティブに変わってきますので、簡単に成功する事から着手するようにします。もしくは、仕事を全て辞めて遊びに行きます。(ただ辞めたいだけなんかもしれませんが。笑)

そして、小さな小さな成功を作って、大げさに自分の事を褒めるようにします。(アメリカ人クラスのリアクション!他人がこの心の内面を知ると笑いそうなぐらい褒めます。)

そして、可愛い子を探します。(^^)男なんで、可愛い子を見て、“あの子が惚れるような
男になろう!”とちょっと自分をいい男(仕事が出来る人で、容姿はキム拓と思い込む)をイメージしながら生活していくと少しずつ、自分のセルフイメージの転換に成功すれば、自然とまた運気が上がってきます。

ちょっと下品な転換ですが、いろいろ試した結果、私にはこれが一番良かったです。

正直私は、この本を途中までしか読んでいません。私にはあまり合わないな〜と
感じたので、辞めてしまいました。

アマゾン書評 ☆☆☆☆☆


人気blogランキング。書評を気に入って頂けたら、1クリックして頂けたら幸いです。どうかよろしくお願いします。
img9099.gif



posted by リブロス at 07:45| Comment(2) | TrackBack(1) | 営業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月23日

書評3 社長を出せ!実録クレームとの死闘 川田茂雄著

ベンチャー社長の読書100冊目。

クレームって嫌ですよね。でも、仕事をしているからには
必ずついて参ります。

そのクレーム。理不尽な物から、自分が本当に悪い物。
自分が悪いのではなく他の人の処理がまずくてクレームになった。

そのクレームの対応一つで、その会社の状態が解ります。
クレームの時こそ、自分の真価が問われます。
クレームの時こそ、お客が本当のお客になるかどうかの瀬戸際です。

普通の営業よりもクレーム対処の方が難しいですが、
これが出来て一人前だと私は思います。

この本は、某カメラメーカーのクレーム対処部署の方が
書いた本です。

自分だけの所にクレームが発生しているのではなく、
皆、発生しています。

そんなに深刻にならず、かといって軽率に考えず、
真摯に受け止めて、改善出来れば最高ですね。


人気blogランキング。書評を気に入って頂けたら、1クリックして頂けたら幸いです。どうかよろしくお願いします。
img9099.gif




posted by リブロス at 21:18| Comment(0) | TrackBack(1) | 営業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月19日

書評4 ”知能販のプロになれ” トム・ピーターズ著

ベンチャー社長の読書87冊目。

販売する人間の必要な能力は?

いや、優れた営業マンとは何処が違うのでしょうか?

私は、やはり2つの事が大きく必要ではないかと思います。

一つは、自分で少しずつ工夫する事ではないかと思います。
売れなかったら、どうして売れないのかを検証し、仮説を立て、新しいやり方を考える。

もう一つは、人に言われる前に動ける。これは、気配りにも近いですが、人が何を考え、何を求めているのかのアンテナをちゃんと張れる人間ではないかと思います。

知能犯みたいに、知能販になり、頭を使う事が一番大切だとこの本は教えてくれます。

営業について知りたい人は、一度トム・ピーターズの本を読んでみてください。


人気blogランキング。書評を気に入って頂けたら、1クリックして頂けたら幸いです。どうかよろしくお願いします。
img9099.gif





posted by リブロス at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 営業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月14日

書評5「行列のできるスーパー工務店」の秘密 平秀信著

ベンチャー社長の読書72冊目。


営業として、単価が高く、ほとんどの人が1回しか買わない物を売る営業は
どんな売り方をするんだろうと思います。

まだ、私は家を買った事がないので、解らないのですが、
とても心をしっかり捕まえる営業をしないといけないのかなと思っています。

この本は、とある工務店の話です。この建設不況の中で、どんどん業績を伸ばしている
会社の理由を教えてくれます。それは、お金をかけて売る方法ではなく、手抜きして
コストダウンするのではない。もっと違った方法がありますよと教えてくれます。

長野の工務店なので、実体を見た事がないのですが、長野に行った時に是非見て
みたいと思っている会社の一つです。


人気blogランキング。書評を気に入って頂けたら、1クリックして頂けたら幸いです。どうかよろしくお願いします。
img9099.gif




posted by リブロス at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 営業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月12日

書評7 儲けを生みだす表現力の魔法 平野秀典著

ベンチャー社長の読書66冊目。



ビジネスをやる上で、どんなに素晴らしいアイデアであっても、
”儲からない”とそれは、ビジネスとしては成り立ちません。

それゆえ、ビジネスとして、儲けを生みだす仕組みを作る事がとても
大切になってきます。

その仕組みを作り出すのは、人間です。
人間がビジネスと言う舞台で、どのような表現をするかで
儲かったり、儲からなかったりするような気がします。

同じ商品を売っていても、営業成績のいい人と悪い人。

売る商品は同じゆえ、違いは人によってもたらされると思います。

この人から買いたいと思われる営業マン。どんな営業マンか
しりたい人がいましたら、この本を読んでみてください。

人気blogランキング。書評を気に入って頂けたら、1クリックして頂けたら幸いです。どうかよろしくお願いします。
img9099.gif



posted by リブロス at 08:10| Comment(0) | TrackBack(1) | 営業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月11日

書評7 ジャック・ウェルチに学んだ仕事の流儀 ロザンヌ・バドゥスキー著

ベンチャー社長の読書62冊目。


皆さんもご存知のジャック・ウェルチ。GEの最高経営者として、
この世でもっとも有名なCEOの一人です。

彼の本をいろいろ読んでいますが、ジャック・ウェルチは、

1、病的なせっかち。
2、現状では満足しないらしい。

経営者としては、とても優秀でもこの性格を支える人はとても大変だろうなと
思っていたら、彼の秘書が出していた本がこれでした。面白そうなんで読んでみました。

ここまで優秀な秘書がいるんだとびっくりしました。
また、これを読んだ時はまだサラリーマンだったのですが、
上司に対する接し方も変わりました。

”この著者ほど、教育で上司の事を考えて動けるように出来るだろうか?”

と考えましたが、ここまでのレベルは教育ではなく、才能だと思います。

自分で考えて動くのではなく、人の考えを予測して動く。
これは、外れる可能性も高いので、とても難しいです。

もし、仕事が出来る部下と思われたい人がいましたら、この本を読んでみてください。

私もこの本を読んでから、部下として、
この著者の3分の1ぐらい(?!)上司に対して日常生活で出来るようになったと思って
いるのですが、その後の評価は、

”気が利く”
”よく理解している”
”分からないことは、俺に聞く”
”相談する”
”任せる”
”重要な案件”

などは全て私が引き受けている状態でした。
(私の上には、何人も先輩がいたのですが)

私が秘書を雇った時に読んでもらいたい”マニュアル”だと思っています。


人気blogランキング。書評を気に入って頂けたら、1クリックして頂けたら幸いです。どうかよろしくお願いします。
img9099.gif



posted by リブロス at 07:47| Comment(0) | TrackBack(1) | 営業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月08日

書評5 できる営業マンの質問力入門 山崎裕司著

ベンチャー社長の読書52冊目。

質問ってとても大切ですよね。自分がどのような質問をするかによって、
相手の答えが変わってしまいます。相手の知識を引き出す時もそうですし、
よりいい会議にする時もそうです。

質問の質が高い人間が、営業ではいい成績が残せると思います。

この本は、心理学の分野から質問について、不愉快にさせない方法から
反論の対応まで書いてあります。

上手い事相手の意見を引き出せないと悩んでいる人にはお奨めです。


人気blogランキング。書評を気に入って頂けたら、1クリックして頂けたら幸いです。どうかよろしくお願いします。
img9099.gif


posted by リブロス at 06:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 営業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月05日

書評4 交渉のセオリー 高杉尚孝著

ベンチャー社長の読書44冊目。

交渉する時、基本姿勢は、誠実第一にしています。
しかし、商売となると相手も狡猾な人間もいます。

それゆえ、誠実第一だけではなく、自分なりにプラスアルファの
交渉スタイルを勉強しています。

基本軸は、誠実で喜ばれる営業スタイルでありながら、
狡猾さに惑わされないような俺流セオリーを持ちたいと思っています。

交渉セオリーと言っても、相手を言いくるめるためのセオリーではなく、
相手の目的を引き出させる方法について、書いている本なので、
”上手い聞き方セオリー”に近いのではないかとこの本については
思います。


人気blogランキングに参加しています。書評を気に入って頂けたら、
1日1クリックして頂けたら幸いです。
どうかよろしくお願いします。
img9099.gif





posted by リブロス at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 営業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月02日

書評3 エスキモーが氷を買うとき ジョン・スポールストラ著

ベンチャー社長の読書36冊目。


昔、商社の人間が、電気が通っていないアフリカで冷蔵庫を売りまくった事があると
言う話を聞き、営業には、使わない物まで買わせる説得力が一番大切なんだと
思っていた時がありました。

しかし、社会人になり、強引に説得して販売した人には、私の営業力が力不足だから
かもしれませんが、ほとんどリピートはありませんでした。相手の質問を全て
力技で強引に説得していますから、買った後にいい気持ちが残っていないのでは
ないのでしょうか?

それゆえ、今の私の中には、売りっぱなしの営業スタイルよりも人間関係を築いた
上で、そこから商売を始めるスタイルの方長い目で見ていくとそっちの方がいいような
気がします。

この本は、強引な説得力の方法が書いてあるようなタイトルですが、
中身は、常に”何が必要か”と自分で何度も問いながら、営業する事を
お奨めしている本でした。


人気blogランキングに参加しています。書評を気に入って頂けたら、
1日1クリックして頂けたら幸いです。
どうかよろしくお願いします。
img9099.gif




posted by リブロス at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 営業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月27日

書評3 お金を3倍稼ぐ人の習慣術 和田秀樹著

ベンチャー社長の読書18冊目。


ビジネスマンとして、常に商売のネタを探していると思います。
その中で、3倍稼げる人間は、3倍働くのではなく、人よりも3倍違った
考え方、見方が出来る人間だと思います。

ふとした日常生活、お客との会話の中にいろいろとネタが落ちている事に
気づく事が出来たら、もっと相手の立場に立って自分ならどう考えるだろうかと
想像出来るようになれば、お金はついてくるよと教えてくれた本でした。

posted by リブロス at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 営業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月26日

書評2 質問力 斎藤孝著

ベンチャー社長の読書13冊目。

質問される時、一言の返事しかしない質問と5分ぐらい話す質問があると
思う。相手の知識を何処まで上手く引き出せるかが、質問力だと思う。

質問をする前に自分が問いかける文章で、何処まで答えてくれるのか
考えるのも必要だと思います。
posted by リブロス at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 営業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

書評4  ビジネス・ウェポン 大前研一著

ベンチャー社長の読書12冊目。

これからのサラリーマンは、何が必要か

英語・IT・財務

昔の某大手の飲料メーカーのCMではありませんが、ある日上司が外国人の
世界が日本でも当たり前になってきてます。商売も国内だけではなく、
海外との商いが普通になってきています。

情報収集するのにも、パソコンが普及し、インターネットが使えるのと
使えないのでは、情報量の差が歴然としてきます。また、海外のサイトは
ほとんど英語ですから、ここでも英語は必要です。

後、ちゃんと自分で数字を把握するための財務が必要。

周りを見渡しても、ちゃんとこの3つ全てが使えこなせる人材って意外と少ない事と
思うのは、私だけでしょうか?

posted by リブロス at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 営業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月24日

書評6 数字で考える人の10倍仕事が見えてくる 安本 隆晴著

ベンチャー社長の読書7冊目。

この本は、私がまだサラリーマンをしている時に読んだ本です。

それまでは、売り上げ重視的考えてで営業していたのが、
だんだん利益重視、また利益が取れる客への営業展開シフトの基礎を
築いてくれた本だと思います。

売り上げ重視の営業マンにちょっと発想を転回して欲しいと思われる
のであれば、お薦めです。

posted by リブロス at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 営業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。