2005年08月24日

書評3 成功ノート術 和仁 達也 (著)

ベンチャー社長の読書ウェブログ226冊目。


複数の自分がいて、それぞれやりたい事、考えている事があるってご存知ですか?
私を例にとって考えてみます。

私は、結婚していて、娘と息子の父親です。

自分で商売をしています。

趣味では、釣りと読書が大好きです。

また、一個人として日本人としても生きています。

ぱっと思いつくだけ書くと、このようにいろいろな自分があります。それを各立場から、整理すると

1、夫(嫁を幸せにする立場)
2、娘の父親(優しい気持ちで感謝する事が出来るように教育する立場)
3、息子の父親(私の一族の大切な跡継ぎを育成する立場)
4、商売人(儲けを生み出し、お客を幸せにする立場)
5、釣り人(魚を釣り、満足する立場)
6、読書家(自分の人生をよりよくするために学ぶ立場)
7、個人(楽しく、生き生きと生きる立場)
8、日本人(日本に生まれ、日本で育ち、今後の日本を考える立場)
9、息子(自分の両親に対して、誇れる息子になろうと努力する立場)

このように一個人なんですが、いろいろな立場があります。

その立場ごとに、どのように生きるのかバランスをとりながら生活していくと幸せな人生が
過ごせると思います。

人気blogランキング。書評を気に入って頂けたら、1クリックして頂けたら幸いです。どうかよろしくお願いします。
img9099.gif




アマゾン書評 ☆☆☆☆+

posted by リブロス at 10:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ベンチャー社長さん
おかえりなさい。
アキシンです
今日からまたいつもどおりですね
楽しみにしてます。
「自分の立場」改めて考えるとたくさん
ありますよね。
それぞれの中で向上するきっかけがありますし、バランスをとっていくことはとても大切なことですよね。
その中でも家族とのバランスを僕は大事に取るようにしています。
いつも感謝することを忘れないことですよね。
Posted by 感謝好循環 アキシン at 2005年08月25日 02:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。