2005年08月06日

書評3 企画のアイデアがたちまちのうちの50浮かんでくる本 板垣 英憲著

ベンチャー社長の読書ウェブログ215冊目。

私は、企画をしていてもアイデアが浮かばない時は、徹底的に寝るって先日書きましたが、
アイデアが浮かぶ方法ってもっと欲しいな〜と思ってこの本を読んでみました。

しかし、いろいろなテクニックがあったとしても、やっぱり自分の脳みその中にどれだけインプットされている情報が入っているのかが、大切であって、そのインプットがなければ、情報源がない所にアイデアを求めているので、無理が生じているなと気づきました。

それゆえ、私が皆様に進めるアイデアがたちまちのうちに出てくる方法は、

“沢山読書をしよう!”です。(笑)

沢山の読書から全てが生み出されると思います。

人気blogランキング。書評を気に入って頂けたら、1クリックして頂けたら幸いです。どうかよろしくお願いします。
img9099.gif


アマゾン書評 −−−−−



posted by リブロス at 10:25| Comment(1) | TrackBack(0) | テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ベンチャー社長さん、こんにちは。
再び読書に目覚めたHIDEです。

といっても昔は小説ばかりでした。ビジネス書は最近なので、知らない本ばかりで困っています(^^;

その点、毎日3冊もアップされるベンチャー社長さんにはつくづく頭の下がる思いです。

何でこんなに凄い人のランキングが低いんやー!!とポチポチしまくってしまいます。
(^^;

京都出身という事でさらに親しみの沸いてきたHIDEでした。いつもありがとうございます。m(_ _)m
Posted by HIDE at 2005年08月06日 16:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5663362

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。